症例写真

症例写真

目を大きく綺麗な平行型に

二重術・目頭切開・涙袋 二重 20代 / 女性
施術内容
目頭切開

20代の女性です。
目を横に大きく、内側に鋭く、平行型の二重を今よりも強調したい、とのこと。
ミニZ法で手術をしました。
手術は20~30分です。

症例写真 術前 目頭切開
Before
症例写真 術後 目頭切開
After
術後1か月半です。
患者様のリクエスト通り目が大きくなり、目元も鋭く、綺麗な平行型になりました。
傷も抜糸の時には赤くなっていましたが、随分と目立ちにくくなりました。
寺町 英明 医師
大阪院 院長
寺町 英明 医師
処置方法 目元にある蒙古(モウコ)ヒダを切開切除することで、目を大きくしたり、目と目の間隔を狭くする(目が離れているのを近づける)、末広型の二重を平行型にする。手術法にはミニZ法、内田法(W型切開】などがあるが、今回はミニZ形成。
リスク・副作用 腫れ、痛み、皮下出血:大まかに落ち着くのは1週間程度。傷跡の赤み、盛り上がり、切開線が残ることがあり。通常1~3か月程度で傷は目立ちにくくなる。
費用 両側で200,000円、片側のみ120,000円(二重手術と同時は両側で168,000円)(税別、手術後の薬や抜糸、検診、1年保証など基本的な費用すべて込み)

「目頭切開 」を
もっと知りたい方はこちら