目のくま・くぼみ・たるみ・眼瞼下垂の美容コラム

美容コラム

目のくぼみってどうしてできるの?その原因と改善方法とは?

目のくま・くぼみ・たるみ・眼瞼下垂
目のくぼみってどうしてできるの?その原因と改善方法とは?
  1. 目がくぼむのはなぜ?
  2. 目のくぼみを悪化させないためには、どうしたらいいの?
  3. 美容整形ではどうやって治すの?
  4. 目のくぼみを解消するなら、美容クリニックに早めの相談を

目のくぼみは上まぶたなど、目の周りに影をつくるため、実年齢よりも老けて見られる原因になります。逆に言えば、目のくぼみを改善するだけで見た目年齢がグンと若くなるということです。しかし、くぼみでできる陰影はメイクではカバーしにくいため、くぼみ自体を無くす必要があります。


そこで、美容整形でできる目のくぼみの改善方法についてご紹介します。


|目がくぼむのはなぜ?


目がくぼむ原因は、目の周りの皮下脂肪やコラーゲンの減少、または筋肉の衰えだと言われています。いずれも加齢が大きく影響する症状であるため、目がくぼむと老けて見られることになるのです。しかし、加齢に伴う老化現象だけが、目のくぼみの原因ではありません。


例えばやせ形の人は太った人よりも目のくぼみができやすいのですが、それは皮下脂肪の不足が原因と考えられます。また、近年増えているのが若い年代の目のくぼみで、パソコンやスマートフォンを長時間見続けていることによる筋肉の衰えが原因だと言われています。パソコンやスマートフォンの画面を長時間見続けると、瞬きの回数が減り、目の周りの血流量も減るからです。


血流が悪くなると、目の周りの筋肉が凝り固まった状態になり、目の周りを老化させてしまいます。本来ならコラーゲンや皮下脂肪が多いはずの年代でありながら、目を動かさないことで筋肉を老化させ、目の周りにくぼみをつくってしまっているというわけです。


ですから、目が疲れたと感じている時点で目の周りをマッサージしたり、ストレッチをしたりして、くぼみを予防する必要があります。


|目のくぼみを悪化させないためには、どうしたらいいの?


目のくぼみを悪化させないためには、どうしたらいいの?


目のくぼみができても、疲れのせいだろうと思って放っておく人が少なくありません。


しかし、放っておくと目のくぼみが定着してしまい、どんどん症状が悪化してしまいます。目の周りの筋力が弱まると、まぶたを上げ下げする筋肉の力も弱まり、眼瞼下垂(がんけんかすい)にもつながります。目のくぼみとなる原因のほとんどが老化現象であるため、たかが目のくぼみと侮って放置していると、いざ何とかしようと思ったとき、なかなか改善されなくなってしまいます。


もちろん、皮下脂肪やコラーゲンの減少が原因で起こっている目のくぼみは、自力で改善するのは難しいと言えます。しかし、血流不足や筋力の衰えでできた目のくぼみは、でき始めたばかりであれば改善の余地があります。まだ皮下脂肪やコラーゲンが十分にある若い世代であれば、目の周りの筋肉をストレッチしたり、マッサージしたりするだけでも割と簡単にくぼみが解消されます。


加齢による場合は複数の原因が絡んでいることが多く、自力で完全に改善するのは難しいと言えますが、それでも、目の周りの血流を良くすることで、症状の進行を遅らせることは可能です。ですから、目のくぼみを悪化させないためにも、放置しないことが大事なのです。


|美容整形ではどうやって治すの?


美容整形ではどうやって治すの?


目のくぼみの大きな原因である皮下脂肪やコラーゲンの減少は、自力で改善するのは難しいと言えます。いくら食べ物で脂肪やコラーゲンを摂取しても、目の周りを狙って皮下脂肪やコラーゲンを蓄えることはできないからです。


やはり、局所を狙って皮下脂肪やコラーゲンを増やそうと思ったら、美容整形を利用するのがおすすめです。自分の身体から採取した脂肪を目の周りに注入する脂肪注入や、目の周りをふっくらとさせる効果があるヒアルロン酸注入が人気です。


しかし、一般的な脂肪注入の場合は生着率(注入された脂肪に毛細血管が取り込まれ、その部位の組織として生着する割合)が30%~50%程度のため、半分以上が身体に吸収されてしまうことになります。そこで、再生医療の技術を利用した治療を行っている美容クリニックでは、濃度を高めた血小板を脂肪と同時に注入することで生着率を高めています。脂肪注入で目のくぼみを解消するのであれば、このようなより生着率の高い治療を行ってくれる美容クリニックを選ぶと良いでしょう。


一方、ヒアルロン酸注入で治療する場合には、どれだけの量をどのように注入するかといった細かい判断によって、仕上がりに差が出ます。仰向けに寝た状態で注入してしまうと、立ったときに重力によってくぼみの位置がずれ、うまくくぼみが埋まりません。


そのため、座った姿勢で注入するのが理想です。また、くぼみを埋めるためとは言え、必要以上にヒアルロン酸を注入してしまうと注入した部位が膨らみすぎてしまい、違和感の原因になります。ですから、プチ整形と言われているヒアルロン酸注入ほど、実績のある美容クリニックを選んで受ける必要があります。


効果の高い最新治療法としては、プレミアムPRP皮膚再生療法がおすすめです。自分の血液からつくったPRP血小板を注入して、毛細血管や細胞を修復し、コラーゲン生成を促進するため、生着率が高い方法と言えます。プレミアムPRP皮膚再生療法は受けられる美容クリニックが限られますが、しこりや不自然なふくらみができる心配はほぼゼロで、効果も3年以上長続きします。


目のくぼみ治療の効果や安全性を重視するなら、確実性が高く、長持ちするプレミアムPRP皮膚再生療法を選ぶのがベストでしょう。


|目のくぼみを解消するなら、美容クリニックに早めの相談を


目のくぼみを解消するなら、美容クリニックに早めの相談を


目のくぼみは放っておいて自然に解消されるものではありません。症状が進み、悪化してからでは改善が難しくなるため、早めに手を打つことが大事です。


特に皮下脂肪やコラーゲン不足による目のくぼみは、自力で解消するのはほぼ不可能です。ですから、目のくぼみが気になり始めたらなるべく早く美容クリニックに相談するようにしましょう。症状が軽いうちなら、その分楽に改善が可能です。


聖心美容クリニックの目のくま・くぼみ・たるみ・眼瞼下垂施術一覧へ